小学生・中学生におすすめ無料通信教育|登録簡単ですぐ使える!

子育て

突然の臨時休校に親としてはどうやって子どもを過ごさせるか悩みますよね。

我が家にも小学生と中学生の子がいますので、もちろん子どもの健康が守られるのが第一ですが、正直なところ、習うはずだった授業内容はどうなるのかという学習面の不安や、長い休みをどう乗り切るかの不安もあります…。

こんな時役に立つのがパソコンやタブレット、スマホを使ってできるオンライン家庭学習サービス。

調べてみると、小中高生を対象に色んな通信教育サービスが、休校期間中の家庭学習に役立つ無料で利用できるコンテンツを用意してくれているんですよね!

これは本当にありがたい。

でも、「すぐに使いたい」「細かい情報を登録するのは面倒」と感じる人や、「ホントに無料?」「後から請求されたりしない?」という不安がある人は、名前や住所を登録するサービスは利用したくないかもしれません。

そこで、メールアドレス以外の登録作業がいらない通信教育のサービスについて調べてまとめてみました。

メールアドレス自体は、Gmail(ジーメール)などの無料メールサービスを使ってもできるので心配な人は利用するといいですよ。

進研ゼミ

ベネッセの通信教育サービス「進研ゼミ」は、小学生、中学生、高校生までを対象に、3学期の学習の総まとめができる「春の総復習ドリル」を無料で、登録もナシでダウンロードできます。

中途半端になってしまった3学期中の学習をカバーしてくれる内容は、親としてもありがたい。高校生は英語の音声データまで付いています。

こちらのページからPDF形式でダウンロードできます。

※現在は冊子を郵送するサービスは行っていません。

春の総復習ドリル PDF・音声データ
少しでもみなさまの不安を解消させていただきたく、自宅で過ごされるお子様向けのご支援として、春の総復習ドリル PDF・音声データを無償提供いたします。

他に小中学生向けとして、「きょうの時間割」という学校に行っている時の1日の流れに合わせた「時間割」として動画などのコンテンツを提供しています。

小学生が楽しんでスキマ時間にも取り組めるコンテンツとしては、WEB上で使える「ワクワク 漢字・計算 WEB」という漢字・計算練習サービスも無料開放しています。教科書別で学年ごとの区分なので助かりますよ。

入会をお考えなら、こちらから資料請求できます。

Z会

3/2から随時更新されている「Z会(ゼットかい)」の教材も、登録なしで無料ダウンロード可能です。

内容としては、小学1・2年生には「さんすう・こくご サポートドリル」が無料提供中です。学年ごとに、国語と算数の1学期中に身につけておきたい学習内容についての自習用ドリルになっています。

小学3年生から6年生に提供されるのは、応用力や論理的な思考を楽しく学びながら身につける算数と理科の「思考力をきたえる 算数・理科」です。

小学3・4年向けと小学5・6年向けの問題があり、Z会ならではの、普通とはひとあじ違ったクイズのような楽しい問題に取り組むことができる内容になっています。

こういう時間がたっぷりある時こそ普段はなかなか取り組めない問題にトライしてみたり、他の学年の問題に取り組んでいるのもおもしろいかもしれませんね。

⇒【Z会・小学生向け】自宅学習教材公開特設ページ

中学生、高校生に向けては、英語・数学・国語を中心に学年ごと、中高一貫校、新中学一年生、受験生向け(理科・社会も)と細かく分かれた教材が提供されるほか、YouTubeで無料動画がたくさん無料公開されています。

⇒【Z会・中学生向け】自宅学習教材公開特設ページ

Z会では他にも幼児向けや大学受験生に向けた無料教材も提供されています。

⇒Z会の自宅学習支援(無料提供教材)

アオイゼミ

同じくZ会の授業動画サービス「アオイゼミ」は、無料会員登録をするとライブ授業動画を見ることができます。無料で利用するには「チケット」が必要だったり制限があるのですが、プレミアム会員になると動画も見放題でテキストも送られてきます。

はじめての人限定でプレミアム会員30日間の無料お試しをやっているので、休校期間だけ利用するというのもいいかもしれません。2020年5月6日までのキャンペーンで、今年度の1年分の英語と数学のテキストももらえます。

ちなみに、我が子が通う学校でもおすすめしていて、日ごろなかなか塾に通う時間が取れない部活生の我が家の中学生もさっそく登録して見ていましたが、「すごくわかりやすい!」と好評でしたよ。

登録と言っても、メールアドレスを登録して送られてくるメールに書かれている認証コードを入力するだけで使えます。

学研(Gakken)

わかりやすさに定評のある「学研ニューワイド学習百科事典」でおなじみの「学研」が、小中高生向けに学習コンテンツを無料公開しています。

家庭学習応援サイト」としてまとめられているのでわかりやすいです。

内容は、小中学生向けにはパソコンやタブレットを使って学習できる「ニューコース学習システム」、調べ学習にも役立つ「学研ニューワイド学習百科事典」を閲覧することができます。

利用するには、メールアドレスと学年を登録して送られてくるIDを発行すると使うことができます。

さらに中学生向けに、「家庭学習 サポートサイト(β)」という「ニューコース学習システム」を利用した時にわからない疑問などを投稿すると、超難関大学の現役大学生から24時間以内に解説が届くサービスも始まりました。

他には小学生向けの「やさしくまるごと小学」シリーズ授業動画、中学生向けの「ひとつひとつわかりやすく。」シリーズ授業動画など、わかりやすく解説された授業動画も見ることができます。

特に小中学生に人気の「まんがでよくわかるシリーズ」をはじめとした、学習に役立つ電子書籍を提供する「学研2020年春の応援ライブラリー」も無料で利用できます。

プログラミング教材や学年ごとのおすすめの時間割、体幹を鍛えるための運動の紹介など、休校期間を充実して過ごすためのコンテンツも充実しています。

また学研からは、幼児向けのオンライン学習教材「キッズクラス」が新しく提供された他、幼児にも対応した英語付き絵本アプリ「学研のえほんやさん」、LINEを利用したサービス「Gakken英語合格トレーナー」などのサービスもあります。

まなびwith【小学生対象】

「ドラえもん」がメインキャラクターの教材として好評だった小学館の「ドラゼミ」がリニューアルした通信教育サービスが「まなびwith(まなびウィズ)」です。

まなびwith小学生コース無料おためし教材 PDF版」が無料ダウンロードできます。登録は必要ありません。

こちらのページからPDF形式でダウンロードできます。

1週間分と決まった量なので、なかなか勉強に取り組む機会がなかったお子さんのきっかけ作りにもいいですね。

まとめ

面倒な登録なし・無料ですぐに使える、臨時休校期間中の家庭学習に活用できる通信教育サービスについてご紹介しました。

登録がないので気軽に利用できるのが嬉しいメリットですよね。パソコンやタブレットでできるサービスは少ないながらもありますし、プリントをダウンロードして家庭のプリンターで印刷すれば、ドリルを買いに外へ出る必要もありません。

ドリル以外にも学習動画が見れられたり、本も電子書籍で読めたりするのはスゴイのひとことに尽きます。図書館も閉館している昨今ありがたいサービスです!

一方、家にパソコンやタブレット、プリンターがない、Wi-Fiに繋がっていないなど、ネット環境が整っていないご家庭は活用が難しいですよね。

サービスによっては資料請求すれば無料でドリルがもらえるというところもありますが、新型コロナの影響で発送に遅れが生じていることも。

外出もままならない今は、思い切って有料のサービスを利用することも子どもの学習環境を整えることを考えれば必要かもしれません。

お試しで無料期間を設けているサービスもあるので、一考してみてはいかがでしょうか?

これからの動きによって提供されるサービス内容は変わっていくと予想されますので、新しい情報が入ったら更新していきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました