【寝返りの悩み】何ヵ月から?防止にタオルは使える?吐く場合は?

寝返り 早い 子育て

ここでは寝返りの悩みとして、

「寝返りは何ヵ月から?」
「寝返り防止でタオルやペットボトルを使うのは大丈夫?」
「寝返りで吐くときの対処法は?」
「寝返りの兆候ってあるの?」
「生後3ヶ月で寝返りだと病気の可能性がある?」
「寝返りの次にすることは?」

などについて解説していく予定です。

現在、寝返りの悩みに関する情報をまとめているところです。

執筆中ですので、それまでは我が家の子供が赤ちゃんだったときの寝返りについて書きましたので、参考までにどうぞ。

寝返りが「早い」「遅い」はきょうだいでも違う!練習方法で悩んだ時期もありました。

今でこそ我が子たちは小学生になり、親が教えなきゃならないということもだんだんと減ってきた気がしますが、赤ちゃんだった頃って、何かできないことがあると「練習させた方がいいものか」その都度真剣に悩んだ記憶があります。

寝返りもハイハイもつかまり立ちも、それぞれ個性があったなぁと懐かしく思い出すのですが、ずりばいというものは2人ともしなかったかも。

とにかく上の子ははじめての子で何もかもが不安で、よく「ひよこクラブ」の同じ月齢の子と比べては一喜一憂なんていうこともありました。

ハイハイやつかまり立ちも早い遅いはあるけど…

逆に下の子の時は「然るべき時が来たら、気づけば歩くようになっているさ」位の気持ちで一切「あれができない、これができない」と気にしすぎることはなかったです。

この気持ちの持ち方の違いってすごく大きくて、上の子の育児をしていたときの自分に「そんなに気にしなくていいよ」って教えてあげたくなります^_^;

というのも、赤ちゃんでも本当にそれぞれ違うんだというごく当たり前なことを当時はなかなかおおらかに受け止めることができなくて、とにかく心配で、練習方法を調べて試したこともあったんです。

今思えばそんな必死にならなくても…って思うんですけどね。

上の子は子育てはじめての上、出生体重が平均以上に重くて食欲も旺盛だったせいか大き目ちゃんでした。

今は全然普通体型なんですけどね。

自分で自発的に動けるようになるまでは抱っこで移動が基本だし、冬生まれだから外に出る機会も少なかったり、親もインドアだし、ということもあって、活発ではなかったです。

そういうゆったりした生活や、本人ものんびりマイペースだったのか、寝返りもハイハイもつかまり立ちも一人歩きも、遅めでした。

子供の発達は人それぞれ。無理に練習させず自分のペースで!

私はつい他と比べて気にしすぎてしまう悪い癖があるので、かなり気に病みましたね。

でも、育児日記なんかを見ると、8カ月の頃に「なかなかハイハイしない…」と書いた日の次の日急にハイハイしだした!なんて書いてあったり。

こんな急にできるようになることもあるし、子どもの発達って、本当に人それぞれだし、何カ月にはこれができてないとダメみたいなものではないから、療育が必要なお子さんでなければ、本当はほとんど気にする必要はない気がします。

上の子は大きな女の子ですが、下の子は生まれた時から細身で、しかも男の子というのもあってかなり活発、寝返りもハイハイもつかまり立ちも一人歩きも全部早くて、「きょうだいでこんなに違うものなのか…」とびっくりしましたね。

上の子がいるというのも刺激になったのかもしれませんが。

下の子って、上の子を見て成長するというか、上の子がやっていることは何でも「自分もできるはず!」と固く信じて疑わなかったりしますからね。

未だにそういうところありますけど。

小学生になった今も、正直「あれができない、これができない」と頭をかすめることもあります。

でも、できないからといって本当に困ることって何だろう?と考えたり、むしろ自分は何でもできるスーパー人間に我が子を育てたいのか?と自問自答したりしてます。

無理にできないことを練習させるより、その子その子のペースで、得意なことや好きなことを思う存分させることの方が、親子共に幸せな気がするんです。

自転車練習を小学生になってから始めましたが、できるようになるのは本人の気持ち次第だったりもするので、親が子供に教えるというよりも一緒に付き合うというスタンスでいいのかもしれませんね。

自転車練習は小学生だと遅い?小学一年生で自転車に乗れない子供が乗れるようになった話
自転車の練習といえば・・・子どもにとっては転んで痛い、親にビシバシしごかれる、疲れるなどなどツラいイメージがありますよね。親も、いつまでも上達しない子どもにイライラしてしまったり、ついつい厳しくしてしまうことも多いのではないでしょう...

今回は寝返りやハイハイ、つかまり立ちが遅い上の子と早い下の子の話や練習方法で悩んだことなどについて書きましたが、今後も子供の運動神経や発達、いつから出来るようになるのかなど子供の成長に関する情報なども詳しく紹介していけたらと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました