【ママ友の断捨離】人間関係が変わったとしても、苦手なママ友と付き合いを続けたいわけではないし…

ママ友 人間関係 断捨離 日記

ママ友って言葉、実は好きではありません。

この言葉に踊らされている人もきっと多いのではないのかなと思ったりします。

最近、断捨離という言葉も一般的になってきて物に振り回されない身軽な生活が見直されていますが、人間関係も身軽にしたいという、特に高齢に差し掛かってくるとそういうことを考える人も多いと聞きます。

人間関係って、こちらが必要と思っていなくても付いてくるものですよね。

子供がいるとママ友という人間関係ができる

特に子どもがいたら、子どもに付随する人間関係、つまり「ママ友」関係が発生します。

子どもが同じ年、同じクラスというだけで発生する不条理、と私は思っています。

過去、私は上の子どもが生まれた時、「ママ友ってやっぱり必要だよね?公園とか児童館行って友達作らなきゃ」とか思ってました。

周りに子持ちの友人もいなかったし、頼れるのは夫と実家という恵まれた環境ではあったものの、「うちの子はこういうことが困っているんだけど、同年代の子どもはいったいどうなんだろう」ということにとらわれることが多くて。

まぁ生粋の考えすぎる人なので^_^;特に集団生活に入る前は悶々としていました。

付き合いが疎遠になるママ友もいれば、気が合うママ友ができたりもする

思い切って、小児科での検診で出会ったママに話しかけてみたり、田舎だから公園に行っても親子連れが居なくって撃沈したり、そんな時代も過ごし、いよいよ子どもが3歳で集団生活に入って、それなりに気の合うママにも出会いました。

でも、今その時のママたちとは疎遠です。

私が引っ越してしまったからというのもありますが、そこまでの関係だったというか。

子どもなしでも付き合える関係が欲しかったんですよね、自分は。

それは今になってわかることなんですが、下の子が集団生活に入ってから2年目くらいに、やっと親同士気もあって子ども抜きでもお付き合いしたい思える、「友」というか「姉」や「妹」のような方たちに出会うことができて。

私はこの方たちがいるから、他の子どもを通じたお付き合いをする気持ちが起こらないんだなって、思います。

断捨離するような人間関係ならママ友は作らない

下の子がまだ低学年で、お母さん同士の交流が活発なのですが、正直ついていけないでいます。

みんな孤立したくないって焦っているのかな?と感じたりすることもあります。

もちろん、子ども同士のお付き合い上でのあいさつや気遣いはしますけど、それ以上のお付き合いはこちらからは望まないですね。

今はそれでいいと感じるし、もっと年を取った時に断捨離するような人間関係なら今から作らない方が身軽ですしね。

ちょっと変わった人、と思われてもそれは思う人側の都合なので自分は自分で貫こうと思います。

苦手なママ友との接し方って?当たり障りのない付き合い方でいいんじゃないかと。

苦手なママ友との接し方

とても感じがいいけれど、ちょっと苦手に感じる点もあるっていう「ママ友」周りにいませんか?

はっきり言うと私の周りにいるんです^_^;

とにかくコミュ力高くて、色んな人と積極的に関わっています。いつ見ても誰かと会話しているような。

それでいて誰にでも感じが良いのでみんなにも好かれている感じ。

でも、ふと気づいたのですが特別に仲良くしているママも居ないんですよね、意外にも。

大体のお母さんって、それぞれある程度のグループというか気の合う同士でまとまったりしていることもありますが、どこにも属していないようです。

それはそれでおかしくないのですが、ここに何か引っかかるんですよね。

ひどいママ友いじめにあったことが原因?

で、ふと以前そのママが子どもの幼稚園時代ひどいママ友いじめにあったという話をぽろっとこぼしていたのを思い出しました。

きっかけは仲の良いママだったとも。察するに、その時のことが尾を引いているのかなと。

特に仲の良いママは作らず、でもみんなには嫌われたくない、という心理が働いているような気がしています。

私はこのママのことは嫌いではないし、表面上は特に当たり障りのないお付き合いをしているとは思うのですが、時々言葉の端々に「トゲ」を感じることがあって、それで「ん?」という違和感があるんですよね。

それが苦手というか、やっぱり考えすぎる私は「どういう意味だったんだろう…」と悶々としてしまうので、ちょっと深くはお付き合いしたくないなーと思うところではあるんですよね。

こんなこと書いていると陰口叩いているみたいなのでちょっと自分でもいやだなと思いますが。たまにはガス抜き必要です。

自分が望まない人間関係で悩まない!

私は人間関係においても考えすぎることが多くて、それが自分の首を絞めることになっていると気づいてから、「嫌われてもいいや」というスタンスで過ごしています。

特に自分が望んでいない人間関係で悩むことなんてないはずなんですよねぇ…。

アドラーさんも相手がどう思うかはわからないし、どう思われていても自分が影響されるべきことではないと言っていますしね。

こちらの記事で主婦にもおすすめのアドラー心理学について書いています。

アドラー心理学は主婦にもおすすめの本!「今のままの自分」を受け入れられるようになった
アドラー心理学について書かれいる本と言えば、数年前ドラマにもなった「嫌われる勇気」が有名ですが、最近、文字だけの本ってなかなか頭に内容が入りづらくなってきて^_^;何か入門書のようなアドラー心理学についてわかりやすく解説してくれる本はな...

今回はママ友の人間関係の断捨離や苦手なママ友との接し方について書きましたが、ストレスを溜めて疲れるのを防ぐためにも、めんどくさいことには関わらないのも一つの方法ですね。占い本に書かれているような謎めいたアドバイスでどうにかなるなら気が楽なんですけどね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました