ローストビーフに合う付け合わせ・おかず(副菜)は?和食のおすすめ献立は?

ローストビーフ 副菜 料理・食べ物

誕生日など家族のお祝いや、クリスマス・大晦日・お正月といった年末年始の集まりにもぴったりなローストビーフ。

大人だけでなく、子どもにも人気がありますよね。

最近は「ローストビーフ丼」というのもありますが、まだまだ庶民には特別な食べ物という気がするのは私だけではないはず。

こういうたまにしか食べる機会がないものって、毎度の献立を考える主婦としては「一緒に食べる副菜って何がいいの?合うものって何?」と悩んでしまいませんか?

いくらメインとはいえローストビーフだけ、という訳にはいかないので、ローストビーフに合う料理=副菜が必要ですよね。

ひと口に副菜と言っても、料理に添えて彩りを良くしたり味を引き立たせる付け合わせと、そしてメインの料理(主菜)と一緒に食べるのに相性のいいおかずや汁物などの、2つの側面があります。

ローストビーフ自体大人向けのものではありますが、子どももおいしく食べられるようなローストビーフに合う副菜についてご紹介しますよ。

ローストビーフの付け合わせの野菜は何がいい?

肉や魚などメイン料理に付け合わせるものと言えば、やはり野菜が多いですよね。

メインがたんぱく質なので、一緒に食べるならビタミンや食物繊維豊富な野菜の出番といったところでしょうか。栄養だけでなく、料理に彩りを与える大事な役目もあります。

ローストビーフの付け合わせとしては、クレソンやリーフレタス・水菜などの葉っぱ類、スライスした玉ねぎや、ポテトなどが定番です。

でも、生野菜が苦手という子どもも多いですし、付け合わせが余ってしまうこともあります。

生野菜以外に子どもでも食べやすい付け合わせとしては、火を通した野菜です。

なす、アスパラ、キャベツ、パプリカ、にんじんなどをオリーブオイルで焼き野菜にしたものや、茹でたブロッコリーやもやしなんかもいいかもしれません。

コーンやきのことほうれん草のソテーも彩り鮮やかできれいです。

生野菜でもミニトマトが食べられるなら手軽でいいですし、赤やオレンジの付け合わせで彩りもアップします。

野菜以外ではゆで卵を切ったものや色のついたショートパスタなんかも見た目が鮮やかになって、子ども受けが良さそうです。

ローストビーフに合うおかず・料理は?

メイン料理のローストビーフに合わせて、おかずや汁物などの料理について考えると思い浮かぶのは、サラダ、スープなどですよね。

お肉と合わせるとなると、少し酸味があったりさっぱりしたものが合いますが、牛乳を使った料理との相性もいいんです。

サラダは定番のシンプルなグリーンサラダもいいですが、茹で卵を飾っても栄養バランスと彩りの面からプラスになるのでおすすめです。

サラダもいいですが、パプリカなど色のキレイな野菜やにんじんを千切りにしてマリネにした方が子どもは食べやすいかもしれません。

付け合わせの定番として挙げたポテトは、口当たりの良いマッシュポテトにしても、焼いてベイクドポテトにしても、ポテトサラダにしてもローストビーフによく合います。

フライドポテトだと油ものだしちょっと合わない気もしますが子どもには人気ですよね…

ナシではないと思いますが大人としてはちょっとカロリーが気になるところです(^_^;)

下ごしらえをすれば意外と簡単にできるグリル料理もおすすめです。なすやポテトなどのグラタンやドリア、キッシュなども見栄えもして特別な献立になります。

スープは、実だくさんのものだと腹持ちも良く栄養も取れるのでおすすめです。

野菜をじっくり煮込んだポトフやシチュー、さっぱりとしたミネストローネなどがいいですね。

じゃがいもやかぼちゃ、とうもろこしなどでポタージュを作るのも贅沢でおいしい一品です。

ローストビーフに合う主食(パン・ご飯)は?

主菜はローストビーフ、副菜に野菜のおかずや汁物ときたら、やはり主食は何にするかについても考えてみたいと思います。

ローストビーフ自体は洋食なのでパンやパスタ、ピザが合うのは当たり前なのですが、私たち日本人としてはやっぱりローストビーフにもごはんを合わせたくなりませんか。

とはいっても、特別な席で食べることを考えると普通の白飯というのも味気ないというか特別感が薄いですよね。

いや、ローストビーフのソースと白いごはんってすごく合うんですけど(>_<)

そこは我慢するとして(?)おすすめするのがパエリアです。

見た目もすごく鮮やかで人の集まる場には華やかでぴったりで、シーフード味が染みていて子どもにも人気の料理です。

味付けも、サフランがなくても市販のパエリアの素を使えば簡単にできます。

小さい子どもやお年を召した方でも食べやすいリゾットもいいですね。

もちろん、豪華にお寿司というのもパーティーらしく、さっぱりとした海鮮と酢飯との相性も良いです。

ローストビーフに合う献立(和食の場合)

これまで洋食のメニューを紹介してきましたが、実はローストビーフは和食のメニューにも相性ぴったり。

ローストビーフを和風の料理と一緒に食べる場合、ローストビーフに合う付け合わせやおかずはどんなものがあるかご紹介します。

普通のゴボウやレンコンのきんぴらなどの和風のおかずやみそ汁にも合うのですが、人が集まるちょっと特別なメニューの時は、付け合わせにきのこや長芋などをじっくり焼いて添えたり、見た目的には地味ですがいつもなかなか作れない手の込んだ煮物に挑戦してもいいと思います。

和食は彩りが少し足りなくなりがちなので、トマトをまるごと煮込んだおでんは汁物代わりにもなり、インパクトもあっていいかもしれません。

和食となるとやはり主食はご飯になりますが、ローストビーフ丼やお寿司にしてメイン料理と主食を合体させるのもおすすめです。

ローストビーフを手まり寿司のようにすると子どもも食べやすいですし、ちらしずしの具としてローストビーフを飾っても豪華で華やかな料理に仕上がります。

まとめ

誕生日や記念日、年末年始の集まりにもぴったりなローストビーフに合う料理は、子どもにも受けがいいものと考えると意外と何が良いか迷うかもしれません。

葉っぱなどの生野菜を付け合わせにするより、ポテトやパプリカなど彩りの良い野菜を焼いたり茹でたものの方が子どもには好まれます。

ローストビーフに合うおかずとしてはサラダやスープなどがいいですが、野菜のポタージュやグラタンなど牛乳を使った料理が意外と相性がいいのでおすすめです。

主食としてはパンやパスタの他、パエリアも豪華で見栄えするのでパーティーにはぴったりのメニューです。

ローストビーフに合う献立を考えたり他にも色々料理するのは大変、という時にはこういった温めたりするだけで手軽に本格的な料理が楽しめるセットでラクするのもおすすめですよ。

ローストビーフとセットになっているので、献立に迷わずに済みます。

ピザやグラタン、キッシュなどいろんなおかずも一緒に頼めるので、色々選ぶのも楽しいかも♪ 我が家も今年はこういうセットで楽したいなぁ。

クリスマスパーティーにローストビーフを食べるのもいいですね。おしゃれな手作りクリスマスケーキも作りたいものです。

おしゃれな手作りクリスマスケーキを作るなら?デコレーションの参考にお店のケーキをチェック!
クリスマスケーキは毎年手作りしている我が家ですが、何だか毎年同じで、マンネリ化してきているのが気になっています。年頃の娘が見た目にこだわるようになってきて「おしゃれなお店のケーキがいい」と、ただただ普通の手作りケーキじゃ満足しなくなって...

今回はローストビーフの副菜について書きましたが、今後もローストビーフを使ったレシピやリメイク、おすすめの薬味、下味の付け方、タコ糸の使い方、再加熱したり妊娠初期は食べていいのかなどローストビーフに関する情報を紹介していけたらと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました